2011年02月18日

日本武道の歴史と空手道

日本に武道という文化が成立したのは意外に新しく、その姿が確立されたのは江戸時代に入ってからである。

それ以前は『武』は『道』ではなく、人を殺すための『術』であり、立身出世のための『芸』であった。しかし戦国時代の後期、長槍などの集団戦術の成熟、鉄砲の流布によって個人の武術の技量が戦争の帰趨を決定することはほとんどなくなり、さらに江戸時代に入って戦争そのものがなくなると、武術は仏教の法(思想)、儒教の礼(倫理観)という古来の精神文化と融合し武士階級の教養の一つとして確立した。

剣術を中心に熟成された武道は明治期に入り、武士社会が崩壊すると日本国民の民族文化として急速に普及した。同時に剣道、柔道、弓道と武術のジャンルを表す言葉の後に『道』という文字をあてはめることによって、より精神性を前面に打ち出すと共に、西洋スポーツの要素を取り入れ現代に通じる武道競技として確立した。

 剣道や柔道が明治期に確立したのに対し、空手は昭和に入ってから広まった武道である。空手は日本の武道の一つではあるが、元を正せば琉球民族固有の武道であった。そのため本土に伝わった際に誤伝、失伝も多く、それが、その後の空手界に混乱を招くきっかけとなったのは間違いないであろう。

嘗て大学を中心に広まった空手は、その技術的理解が不十分のまま競技化を焦り、剣道を模擬した競技ルールを採用した。いわゆる寸止めルールの誕生である。

しかし「実際の格闘能力がともなわない空手は武道ではない」とするフルコンタクト空手の登場は曖昧な「伝統」と称されるものに別れを告げ、武道であると共に格闘技としての能力、技術模索する時代へと移行していくのである。

 他の格闘技が一度定まったルールに従って進化していくのに対し、新流派が誕生する度に新しい形態を生み出していく空手は、常に究極の実践形態を追及している存在なのだ。

 現在の格闘技界の流れにおける究極点が総合格闘技である以上、それに順応し対抗しうる空手が登場することは必然であり、そうして誕生したのが空手道禅道会である。

こちらにも詳しく載ってますので御覧下さい。↓

禅道会高崎道場HP
http://zen-takasaki.com/index.php?%E6%AD%A6%E9%81%93%E7%A9%BA%E6%89%8B%E3%81%A8%E3%81%AF
posted by 諏訪支部長 at 13:39| 禅道会とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首席師範コラム

皆さんは、人の心の中には自分では普段意識していない無意識の世界があることをご存知 ですか?自分の心は自分で意識でき、自分でコントロールし、自分の行動は自分で決めていると考えるのが普通なのですが、実は人の心の中には自分では意識で きない深層の心理(無意識)があり、普段行っている何気ない動作や行動、考え方は、これらの強い影響を受けているのです。

auto_X6IPvz.jpg続きを読む
posted by 諏訪支部長 at 13:36| 禅道会とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

禅道会空手道 伝承者の会

空手道禅道会が発足して十年がすぎ、真の武道文化を継承できる伝承者の育成をしなくてはという、小沢首席師範の強い想いから 、修練専用道場を南の国ラオスの地で平成22年1月からスタートします。
(三食の食事付きで洗濯サービス有り。)
この道場にいる期間は、昇級・昇段審査、試合が一切ありません。
あらゆる外部からの情報をシャットアウトし、己の内から発生する直感で技を磨くことを目的としているため、市場経済の進出していない情報量の極めて少ないラオスになりました。
完全志願制で帯の色は関係ありません。
真の技術を修得したい者のみが志願できます。

1年=(5級に昇級)
2年=(1級に昇級)
3年=(支部長資格の取得・初段に昇段)
5年=(弐段に昇段)

※有段者に限り、首席師範の判断で参段まで昇段可。

詳しくはHPを御覧ください。

http://densho.rgr.jp/

CIMG0675-thumbnail2.JPG
posted by 諏訪支部長 at 13:49| 禅道会とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

寮生・研修生募集!!

●長野県本部 寮生・研修生募集!

空手道禅道会では、専門的に修行に打ち込み、将来は指導員や支部長NPO法人の理事として空手道を職業として行って行きたい人のための「内弟子」、「寮生」、「研修生」の3種類の制度を設けています。

内弟子、研修生は、将来的に武道の専門家(支部長、職員など)を目指す者で、研修期間は3年間。その間、稽古はもちろんとして、道場運営、大会運営、技術部・総務部の業務を行います。

その他、競技の実力を向上させてプロ活動などを行いたい人の寮生(寮の住み込み)制度もあります。

寮生は、一定期間住み込み、黒帯の取得や実力の向上を図りたい者で、期限は本人の希望によります。

合同稽古以外は基本的に自由参加です。自分の可能性を信じる諸君の問合せを待っています!!

※空手道禅道会では空手や総合格闘技に興味を持ち、本格的に強くなりたい方の為に、全国各地(神奈川県、静岡県、愛知県等)に専用の寮が用意されており、男女問わず、随時「内弟子・寮生・研修生」を募集しております。
ただし神奈川県、静岡県、愛知県等の支部、研修生の資格取得については所属支部内の資格にとどまります。

○見学・相談は可能ですので、興味のある方はお近くの道場にお気軽にお越し下さい。

お問い合わせ 〒395-0004長野県飯田市上郷黒田5530
特定非営利活動法人 日本武道総合格闘技連盟 
空手道禅道会 長野県本部事務局 
0265-24-9688 FAX0265-23-0636
posted by 諏訪支部長 at 13:44| 禅道会とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。