2011年02月24日

武道空手少年クラブとは

当クラブは有志で集まった武道・空手道の指導員がスポーツ少年団認定員の資格を有し、ボランティアとして各地域の公民館や公共施設をお借りして活動しております。

 遠くから空手を習いに来ているご家族もおられ、そういう方たちの要望で少しでも近くの通いやすい場所にと考え各地区に少しづつ教室が増えてきました。

 昨今の社会問題となっている「いじめ」や「ひきこもり」などが深刻化する中で少しでも地域貢献できればと考え、空手を習いたいという子供達に合わせてボランティア指導員が活動しています。

 空手道は楽しみながら誰でも出来るものですが、身を守るために技術を磨き強くなっていく事から、他者への礼儀や作法も特に重要視しています。したがって単に楽しい仲間だけの集まりでは武道の意味が薄れてしまいますので「NPO法人 日本武道総合格闘技連盟」の事業に参加し、時には知らない相手と向かい合い汗を流しながら切磋琢磨し、尊重し合える関係性が重要だと考えています。

※そのため、試合などは自己の痛みを知りつつも、他者とのコミュニケーションの場だと考えています。

「社会支援事業」として微力ながら地域貢献を念頭に活動しておりますので、当クラブの主旨をご理解頂ければ幸いに思います。

参考HP:武道空手少年クラブ 東海
http://www.web-zen.org/4no0.html
posted by 諏訪支部長 at 00:02| 武道空手少年クラブとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする